一般歯科

歯周病

歯周病の治療

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、清掃が行き届かないでいると、歯と歯ぐきの間にある溝に多くの細菌が溜まり、炎症を起こしていきます。歯周病が進むと、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間の溝が深くなり、やがて歯を支える骨を溶かしていきます。

歯周病の治療方法

スケーリング
歯と歯ぐきの間の溝には少しずつ歯垢が溜まっていきます。それらが徐々にまとまって硬くなったものが歯石となっていきます。歯石はハミガキでは落とすことが難しいので、歯科医院で専用器具を使って歯石を取り除く『スケーリング』という処置を行ないます。

SRP
スケーリングを行なった後、歯と歯ぐきの間の溝の深いところに溜まった
歯石を取り除く『SRP』という処置を行ないます。
歯の表面をツルツルにすることで、歯垢が再びつくことを防ぎます。

その他の治療方法

フラップ手術
歯周ポケットが深くなると、歯ぐきを切開して歯根が見える状態にして、歯石や感染した組織を取り除きます。次に歯ぐきを元に戻して縫合します。
エムドゲイン療法
歯周病が進行して歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまったとき、専用のお薬を用いてそれを元の状態へと再生させる治療法です。

PAGE TOP