小児歯科

小児歯科について

乳歯は永久歯よりも軟らかく、歯の溝が複雑で深いため、むし歯になりやすいという特徴があります。
また、むし歯になると永久歯よりも早く進行します。
乳歯には、永久歯を正しい位置に生やすために誘導する役割があります。

むし歯を放置し、乳歯を失うようなことになると、永久歯に悪影響を及ぼし、歯並びや噛み合わせの悪さの原因となってしまいます。

そのため、すぐに治療を受けることが大切です。

小児歯科の治療

お子様が初めて来院される時は、いきなり治療を始めることはしません。まずじっくりお子様と会話をして、歯医者さんに慣れてもらうことから始めます。怖い思いをして、歯医者が嫌いになってしまうと、治療や定期検診にも影響がが出てしまいます。斎田デンタルクリニックではお子様とちゃんとコミュニケーションを図り、やさしく丁寧に接することを心がけています。

虫歯の治療

お子様が初めて来院される時は、いきなり治療を始めることはしません。まずじっくりお子様と会話をして、歯医者さんに慣れてもらうことから始めます。怖い思いをして、歯医者が嫌いになってしまうと、治療や定期検診にも影響がが出てしまいます。斎田デンタルクリニックではお子様とちゃんとコミュニケーションを図り、やさしく丁寧に接することを心がけています。

ハミガキ指導(TBI)

乳幼児のハミガキで難しいのは力加減です。仕上げ磨きが痛いとハミガキを嫌がっていまい、習慣化させるのが難しくなってしまいます。斎田デンタルクリニックでは、保護者の方と一緒にお子さまにあった歯ブラシの選び方、持ち方、磨き方、歯磨きのタイミングなどをご指導します。

フッ素塗布

乳幼児のハミガキで難しいのは力加減です。仕上げ磨きが痛いとハミガキを嫌がっていまい、習慣化させるのが難しくなってしまいます。斎田デンタルクリニックでは、保護者の方と一緒にお子さまにあった歯ブラシの選び方、持ち方、磨き方、歯磨きのタイミングなどをご指導します。

シーラント

フッ素配合のレジンという詰め物で、奥歯の噛む面の溝をふさぎ、汚れが溜まりにくくすることで、むし歯を予防します。時間が経つとはがれることもあるので、歯科医院で定期的に確認しましょう。

その他の治療

お子さまの治療は、歯磨き指導やむし歯予防がメインとなり、むし歯治療も行いますが、それ以外にもお口の状態によっては下記のような治療のご相談もいたします。

小児矯正

成長期のお子様はあごの骨も成長する為、歪みのないあごやお顔のバランスを形成できたり、永久歯が綺麗に揃うように誘導できるなど、成人になってから行う矯正に比べて、理想的な歯並びや噛み合わせを実現できます。

歯の先天性欠如

「歯の本数が足りない」「乳歯の下に永久歯がない」などこれらの症状は先天性欠如といいます、一般的に乳歯の先天性欠如の多くは、特に治療はせずに様子を見ることになりますが、永久歯が欠如している場合は、先を見据えた継続的な観察が必要で、あごの成長などに合わせて治療を検討します。

歯の外傷

歯に外傷を受けて、その時は症状がなくても、歯や歯の周りに影響が残っている場合もあり、その後しばらくしてから症状がでてくるケースがあります。また、乳歯の外傷の場合は、放置すると永久歯に悪影響を起こす場合もあります先天性欠如といいます、一般的に乳歯の先天性欠如の多くは、特に治療はせずに様子を見ることになりますが、永久歯が欠如している場合は、先を見据えた継続的な観察が必要で、あごの成長などに合わせて治療を検討します。

小帯切除

小帯とはお口の頬、舌、上下唇にあるヒダのことです。付着位置によっては歯に汚れがたまりむし歯になりやすい、歯並びや噛み合わせに悪い影響を与えることがある、発音に支障をきたすなどの要因になっていきます。

PAGE TOP