一般歯科

むし歯

むし歯の治療

C0(初期の虫歯)

むし歯の進行状態は、C0からC4の5段階に分けられます。以下のように、各段階によって症状や治療法が異なります。

C1(エナメルの虫歯)


むし歯がエナメル質にとどまり、象牙質に達していない段階です。エナメル質には神経はありませんので、痛みはありません。この段階では、患者さんのむし歯のリスクにより、清掃指導とフッ素塗布を行い経過観察するか、むし歯の部分のみを削って詰め物をするといった比較的簡単な治療で終わります。

C2 (象牙質の虫歯)


むし歯が進行して象牙質に達した状態です。この段階では歯髄(神経)には達していませんが、象牙質からは歯髄に刺激が伝えられるため、冷たいものがしみたり、痛みが出たりすることがあります。治療は、むし歯の部分を削って詰め物をすることで、歯を修復します。

C3(歯髄まで進行したむし歯)


むし歯が神経に達した状態で、強い痛みが生じ、冷たいもの・熱いものがしみてきます。歯髄(神経)が感染しているため、神経を取り、歯の根をきれいにする治療(根管治療)が必要になります。

C4(むし歯が進行し根っこだけになった状態)


むし歯がさらに進行し、歯の頭の部分がなくなり、根っこだけになった状態です。通常、この状態では神経は死んでいて痛みを感じなくなっています。歯が保存できる場合は根管治療を行います。しかし、残っている歯の量が少なく、歯を残すことが困難な場合は、抜歯が必要になります。

PAGE TOP