インプラント

インプラントについて

代表的な治療方法



歯科におけるインプラント治療とは、人工歯根のことをいい、インプラントを埋め込むことで、天然の歯と同じように機能させる治療をインプラント治療といいます。


ブリッジは違和感が少なく、噛む力も比較的回復するなどのメリットがありますが、欠損部の両隣りの健全な歯を削らなければならないというデメリットがあります。また、そこから虫歯や歯周病になるリスクもあります。


入れ歯 (デンチャー)は、治療期間が比較的短期間な場合が多く、広範囲の欠損にも対応できるメリットがありますが、堅いものが食べにくく、見た目にも入れ歯とわかってしまうこともあり、手入れに手間がかかるなどのデメリットがあります。

それぞれの治療でメリット・デメリットがあり、ご自身のお口の中の状態によって治療が難しい場合もありますので、まずはご相談ください。

インプラントの特徴

インプラントは、歯を失ったアゴの骨に、体に馴染みやすいチタン製の小さなネジのようなインプラント体を埋め込むことで、骨としっかり結合して一体化します。これが土台となり歯根の役割を果たし、セラミックなどでできた人工歯を取り付けることで、天然の歯と同じように力をいれて噛むことが可能になります。



健康な状態の歯(左図)は、歯ぐきの上に歯冠があり、下には歯根が隠れてます。歯根は特殊な繊維であごの骨と連結されている状態ですが、インプラント(右図)は歯を失ったアゴの骨に、親和性の高いチタン製の小さなネジを埋め込みます。アバットメントにセラミックなどでできた人工の歯を連結させることで、天然の歯と同じようにしっかりと噛むことが可能になり、見た目も綺麗に仕上げることができます。

インプラントのメリットデメリット


メリット
健康な歯を削る必要がない。
入れ歯よりも咀嚼能力がすぐれている。
見た目も綺麗に仕上がる。
骨が痩せていくのを防げる。
デメリット
治療期間がブリッジなどに比べて長い。
保険適用外のため比較的費用がかかる。
外科手術が必要となり、また、骨量や健康状態により適応とならない場合がある。
術後はメンテナンスが必要になる

治療の流れ

インプラントの治療を行う上で大切なことは、治療に必要な情報を正確に得ることです。斎田デンタルクリニックでは精密検査を行うため最新の設備を完備しております。その情報に基づいて一人一人の患者様に合った最適な治療方をご提案いたします。

STEP.1 カウンセリング
患者様のお悩みやご要望をお伺いし、最適な治療プランをご提案するためにカウンセリングを行います。その上で治療方法や、メリット・デメリット・期間や費用などを丁寧にご説明とご提案をさせていただきます。

STEP.2 検査・治療計画
斎田デンタルクリニックでは、最新のCTスキャンを使用して、精密検査を行います。歯が失われた部分だけでなく、むし歯や歯ぐきの状態など全体を検査し、患者様に最適な治療方法をご提案いたします。

STEP.3 インプラント埋入

局所麻酔を行い、インプラントを埋入する手術を行います。麻酔はしっかり効きますので、痛みは殆ど感じることはありません。インプラントの種類は、骨の質や量、治療部位によって適切なものを選択します。
インプラントを埋入後、骨と結合するまでに、上顎で3〜6ヶ月、下顎で2~3ヶ月程の治癒期間(定着期間)があります。

STEP.4 アバットメント装着

インプラントと骨がしっかり結合した後に、アバットメントと呼ばれる土台を装着します。アバットメントとは、インプラントと人工歯をつなぐ部品です。アバットメントには様々な種類があり、患者様の症例に適したものを選択します。2週間程、歯茎の治癒を待って、最終的な型取りを行います。

STEP.5 人工歯の装着

歯茎の治癒が良好であることを確認してから人工歯を製作するための型取りを行います。周りの歯の色や形状を考慮して、患者様とご相談しながら製作していきます。見た目や使用感を確認し、問題なければ最終的な人工歯を装着します。

STEP.5 メンテナンス
インプラント治療は人工歯が装着されたら終わりというわけではありません。インプラントを健康な状態で長持ちさせるためには、インプラントや残存歯を清潔に保ち、定期的に検診を受け、メンテナンスを行う必要があります。治療後に口の中の衛生管理ができていなければ、ご自身の歯が歯周病になるのと同じようにインプラントも歯周病のようになることがあります。また定期的に咬み合わせのチェックを行い、必要があれば調整を行います。

PAGE TOP