矯正歯科

歯並びが悪くなる原因は?

歯並びが悪くなる原因には、顎の大きさなどの遺伝的な原因がありますが、生活習慣の中に原因がある場合もあります。指しゃぶりや爪噛み、舌癖など、歯に力が加わる習慣を継続していると、歯並びに影響してきます。また乳歯がむし歯になり、通常抜け落ちる年齢よりも早く抜歯すると、抜いたスペースに周りの歯が寄ってきて、永久歯が綺麗に生えてこないことがあります。

大人になってから歯並びが悪くなることも

むし歯や歯周病も歯並びに悪影響を及ぼします。特に、歯周病は歯を支えている歯槽骨が溶けてしまうため、歯が動きやすくなります。またむし歯や歯周病が原因で抜歯した場合、抜いた部位に歯を補わず放置すると、周りの歯が動いてしまうことがあります。

並びが悪いとリスクが高まる
歯並びが悪いと、歯ブラシで磨きにくい部分があるため、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

歯並びの種類とその原因

歯列不正の種類には、次のようなものがあります。

叢生(そうせい)

顎が小さいため、歯が正常に生えるスペースが十分になく、歯が重なり合って生えてくる状態を言います。八重歯もこれに含まれます。厚生労働省の調査(平成23年)では、不正咬合の種類の中で叢生が最も多い(全体の43%)ということがわかっています。

上顎前突(出っ歯)

上顎前歯が下顎前歯よりも標準値を越えて前方に突出している状態を言います。先天的な原因として、上顎骨が下顎骨より大きいといった遺伝的な要因が関係していることがあります。後天的な原因としては、指しゃぶりや舌癖(舌で前歯を押す)などにより、前歯に継続的に力がかかり、突出してしまうことがあります。

下顎前突(受け口)

上顎前歯よりも下顎前歯が前に出ている状態を言います。遺伝的な要因や、口呼吸・舌癖などが原因になります。

開咬(オープンバイト)

奥歯が咬みあった状態で、前歯が咬みあわず、上下の前歯に隙間がある状態です。そのため、前歯で物を咬み切ることができません。遺伝的要因や、おしゃぶりの使用・口呼吸・舌癖などが原因になることもあります。

PAGE TOP